スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミュージカル作品

こんにちは暖かくなり、すでに夏気分な[さや]です

さて今回は、昨夏にNYで観た作品の中から、2作品を紹介します!

若干、ネタバレも含まれますので
まっさらな状態で観にいきたいよーという方は、お気をつけくださいませ!


以下 作品のご紹介








さてさてBroawayでは、ほとんど毎日劇場でミュージカルなどが公演されていますが、
今回ご紹介する2作品


Newsies

この作品はブルックリンの新聞少年たちの実話を元にしたお話で、
ディズニーの最新ミュージカルです。

なんといっても歌もダンスも10,20代の若者たちのエネルギーに溢れていて、キラキラしています

曲も歌詞も素敵なのですが
それもそのはず!
作曲はなんとアランメンケン

このNewsiesでトニー賞オリジナル楽曲賞を受賞しました。

ネットで検索すると、どんな方かすぐわかるかと思いますが、とても心に響く歌をつくっています(*^^*)




Peter and the starcatchers

こちらの作品はストレートプレイといって、歌やダンスがない舞台です。
( ※表現として、歌が入ったり踊ることもあります)

ピーターパンがピーターパンになる前のお話です。

とってもおもしろかったです

11人くらいの役者がいろんな人や物や動物になったりして、シーンを転換していきます。

身体表現もフルにあり、役者の力がとても試される舞台だと思います。

今回は大きな劇場での公演でしたが、オフブロードウェイや小さめの劇場でも
さらにおもしろくできそうで、思わず台本を買ってしまいました

そしてフック船長役のクリスチャンボールは、トニー賞助演男優賞を受賞しました!!

彼はSMASHという海外ミュージカルドラマでも、作曲家役をチャーミングに演じています。
私が観たときは、残念ながらクリスチャンボールはその撮影のため出演していませんでしたが、、、

SMASHの演技を観てから、すっかりファンになってしまいました


またNewsiesでは、主役のJackを演じているジェレミージョーダンも大大好きです
※ちなみにジェレミーももうNewsiesには出演していないと思うので、気になる方は
観劇前にチェックしてくださいね!

この方が歌うとメロディーの旋律の中で、しゃべっているのがよくわかります。

前回ミュージカル映画についてのブログで、ミュージカルは気持ちや言葉を歌にしているとご紹介しました。

もちろんジェレミーだけではなく、すごいと思う役者さんは
メロディーの中で喋っています


そんなところにも注目して、ぜひミュージカルを楽しんでみてください

また他の作品もブログでご紹介していきますね!



それでは、また!!さやでした

「ミュージカル作品 」へのコメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

「ミュージカル作品 」へのトラックバック

http://adreamate.blog.fc2.com/tb.php/42-8c80f8dc


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。