スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1年に1回は…!

こんにちは!みなですよ!
今回は【バースデーについて】です!

実はつい先日、私の誕生日があったのですが、
仕事にはいかないといけない訳で…。
(休日申請も出さなかったので、当たり前です。)
しかしながら、接客業のいいところ
お客さんと一緒に誕生日を祝っちゃいました。

アメリカは日本に比べて、
「みんなで誕生日(などのアニバーサリー)をみんなでお祝いしよう!!
という意識が強いように思います。
こちらは良くも悪くもとってもオープン。
初対面の人にいきなりお誕生日おめでとう!どこに住んでるの!そこのバーに行かない?
なんて、いきなりナンパされたりします。
もちろん丁重にお断りしましたよ。惜しいことをしたかしら(笑)
(特に私の勤務地は観光地なのでバケーションで来ている人も多く、みんな気持ちにゆとりがあるのだと思います。)

お買い物に行ったらバースデー割引をしてくれたり
パークにショーを見に行ったら前の方の席に移動させてくれたり
ケーキを買ったら可愛いデコレーションをおまけしてくれたり。
(いずれもすいてる時間帯に行ったので、とてもラッキーだったのだと思います。)

「何かしてくれるんでしょ!?」みたいな態度は絶対にしませんよ。
もし何かしてもらったら、心の底から感謝します。
そうすると、サービスをしてくれた方だけでなく、
自分を生んでくれた母や、育ててくれた家族、友達…
私にかかわる全ての人に対して感謝の念が生まれてきます。
不思議ですね。

さて、東京ディズニーリゾートにはお誕生日シールというものがありますが
こちらはお誕生日バッジというものがあります。
用途は同じ。
「私は誕生日なんです」とゲストはそれを付けてアピール?します。
道行く人に「お誕生日おめでとう」って言ってもらえるので、
とってもハッピーな気持になれるアイテムなんです。
私もこれを付けていたので、いろんなmagical momentsを体験できたわけですね。
※magical momentとはディズニーパークの中で起こる素敵な体験のことを指します。
私は最近嬉しいことがあった時、パークに限らず「今のマジカルモーメントだね!」と多用しています。


私が働いているレストランでもバッジを着けているゲストにささやかなお祝いをします。
ここで、冒頭に話が戻るわけですが、
ハネムーン兼誕生日のゲストが来店されたので、お祝いをしました。
すると近くの席に座っていたブラジル人のご家族(英語はほとんど話せない)
「この人誕生日なのよね?」と話しかけてきてくれました。
「そうなんです!ブラジル語でハッピーバースデーってなんていうんですか?」
と聞いたら、なんとご家族全員で
「ハッピーバースデー」をブラジル語で大合唱してくださいました。
お誕生日の女性は目をうるうるさせて喜んでくださって、
私は鳥肌が立ちました!
そんな現場に立ち会えたことがすごくうれしいです。
これぞmagical moment!


日差しは日増しに強くなってきて、ペットボトルなしには外出が不安になってきました。
日本も厚くなってきた頃と思います。
皆様もお身体に気を付けて!
また来月お会いしましょう♪

「1年に1回は…! 」へのコメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

「1年に1回は…! 」へのトラックバック

http://adreamate.blog.fc2.com/tb.php/43-19e6d8b7


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。